KCIDigital Archives

京都服飾文化研究財団(KCI)の収蔵品から選りすぐった作品を、画像と解説付きでご覧いただけます。

スーツ、手袋

© The Kyoto Costume Institute, photo by Takashi Hatakeyama

画像にマウスカーソルを乗せると拡大します。

スーツ、手袋

1990年秋冬

デザイナー
カール・ラガーフェルド
ブランド
シャネル・ブティック
レーベル
CHANEL BOUTIQUE
素材・形状特徴
赤いウールツイードのジャケットとスカート。襟、打ち合わせの前立て、腰ポケット口と両袖、およびスカート裾に黒、白、赤の毛糸刺繍の立体的な縁飾り。手袋は赤スエードに同装飾。
収蔵品番号
AC10462 2001-13-3AD

深い赤が映えるツイードジャケットとミニ・スカートのセット。太く柔らかく、毛糸のような糸で織られた発色の良い華やかで上質なツイード地が使われている。9分丈のジャケット袖口に連続した、太い毛糸を規則的に揃えて刺し留めた揃いのブレードが手袋にも施されており、指先までを華やかに包む。1983年よりシャネル社のデザイナーとなったラガーフェルドのプレタ・ポルテの作品。ラガーフェルドはガブリエル・シャネルの永遠のスタイルにオマージュを捧げ、20世紀と同義ともいえるこの老舗メゾンに新しい風を吹き込み、伝統のエレガンスの象徴とされる、シャネル・スーツに鋭い時代感覚を吹き込んだ。

1990s