研究

Research

Hat, 1905-1909 ©The Kyoto Costume Institute, photo by Taishi Hirokawa

衣服は、いつの時代にも人間の生活と深く関わり、時代の変革に敏感に反応しながら変遷を遂げてきました。なかでもファッションは西欧文化の衣服システムの中で生まれ、現在世界的な広がりを見せています。
京都服飾文化研究財団(KCI)は、文化資源としての衣服の研究とともに、社会的な様々な要因と密接につながっているファッションの研究を学際的な視点にたち、常に新しい社会の動向に目を配りながら行っていきます。

深井 晃子(ふかい あきこ)
理事、名誉キュレーター
1979年よりKCIで学芸部門の仕事に関わる。1990年よりチーフ・キュレーターとして収集、保存、研究、公開などの学芸全般の活動を統括。1996年より理事に就任。2015年より名誉キュレーターに就任。お茶の水女子大学大学院修士課程修了後、パリ第四大学(ソルボンヌ)で美術史を専攻。
石関 亮(いしぜき まこと)
キュレーター
2001年よりKCIに勤務。2009年よりアソシエイト・キュレーター、2011年よりキュレーター。学芸業務統括補佐。KCI研究誌『Fashion Talks...』編集、現代ファッションを担当。京都大学大学院修士課程修了。
周防 珠実(すおう たまみ)
キュレーター
1985年よりKCIに勤務。1992年よりアシスタント・キュレーター、2001年よりキュレーター。収集、18、19世紀ファッションを担当。同志社大学卒業。
新居 理絵(にい りえ)
キュレーター
1990年よりKCIに勤務。2000年よりアシスタント・キュレーター、2004年よりアソシエイト・キュレーター。2010年よりキュレーター。デジタル・アーカイブス、学芸広報、20世紀ファッションを担当。関西学院大学卒業。
筒井 直子(つつい なおこ)
キュレーター
2000年よりKCIに勤務。2004年アシスタント・キュレーター。2013年よりアソシエイト・キュレーター。2017年よりキュレーター。文献資料の収集、保存を担当。神戸女子大学大学院博士前期課程修了。
小形 道正(おがた みちまさ)
アシスタント・キュレーター
2015年よりKCIに勤務。アシスタント・キュレーター。『Fashion Talks...』の編集担当。東京大学大学院博士後期課程単位取得。
松坂 雅子(まつさか まさこ)
アシスタント・キュレーター
2017年よりKCIに勤務。アシスタント・キュレーター。東京大学大学院博士課程修了。
佐藤 萌(さとう もえ)
京都服飾文化研究財団 アシスタント・コンサヴァター
2016年よりKCIに勤務。アシスタント・コンサヴァター。収蔵品の保存、修復業務を担当。京都工芸繊維大学博士課程修了。