KCIDigital Archives

京都服飾文化研究財団(KCI)の収蔵品から選りすぐった作品を、画像と解説付きでご覧いただけます。

パンプス「食べる靴−すき焼き」

© The Kyoto Costume Institute, photo by Masayuki Hayashi

画像にマウスカーソルを乗せると拡大します。

パンプス「食べる靴−すき焼き」

1984年頃

デザイナー
熊谷登喜夫
ブランド
トキオ・クマガイ
レーベル
TOKIO KUMAGAÏ PARIS
素材・形状特徴
赤と白の樹脂。
クレジット・ライン
熊谷登喜夫氏寄贈
収蔵品番号
AC7558 92-13-469AB

すき焼き肉の質感をスーパー・リアリスティックに表現したキッチュな靴。日本特有の、樹脂製食品サンプルの手法を応用している。本品は、赤飯、パフェなどの様々な食物をモチーフにした「食べる靴」シリーズの一点。かつてスキャパレリはダリの発想をヒントにパンプス形の帽子で人々に新鮮なショックを与えたが、熊谷は食物で足元を飾ってみせた。
熊谷は1970年に渡仏。フリーランスのデザイナーとしてカステルバジャックやフィオルッチのデザインを手がけ、靴のデザインで高い評価を得た。80年、パリで靴のブティックを開店。ダリやポロックといったアーティストの作風を自由に採り入れるなど、楽しく、機知に富んだ、ファッショナブルな靴が人気を呼び、プレタポルテにも進出したが、87年に他界した。

1980s