KCIDigital Archives

京都服飾文化研究財団(KCI)の収蔵品から選りすぐった作品を、画像と解説付きでご覧いただけます。

コート

© The Kyoto Costume Institute, photo by Takashi Hatakeyama

画像にマウスカーソルを乗せると拡大します。

コート

1925年頃

デザイナー
ソニア・ドロネー
ブランド
ソニア・ドロネー
レーベル
無し
素材・形状特徴
ブラウンのウール全面に毛糸と絹糸で刺繍。
収蔵品番号
AC7038 91-25-2

一枚の画布のように見立てられたコートに描かれた抽象画。しかし、絵は縦に渡した毛糸と絹糸をコーチング・ステッチで留めた総刺繍によって表現されている。1910年に画家として出発したソニア・ドロネーは、25年頃からテキスタイルや衣服を含む広範なデザインを手がけ、アートとファッションの境界を越えた。彼女は、流行のファッションをデザインするのではなく芸術表現の一つとして衣装を製作した。

1920s