Education教育普及活動

2019年度博物館実習募集のお知らせ

2019.02.26 Update

京都服飾文化研究財団(KCI)では、2019年度の博物館実習を2019年10月14日(月・祝)~10月18日(金)の5日間、実施します。 なお、本年は例年と異なり定員を2名とします。 下記募集要項(PDF)をご確認のうえ、お申込みください。… 全文を読む/English »

2018(平成 30 )年度の博物館実習募集のお知らせ

2018.03.10 Update

京都服飾文化研究財団(KCI)では、2018(平成30)年度の博物館実習を、2018年8月20日(月)~8月24日(金)の5日間、実施します。 下記募集要項(PDF)をご確認の上、お申し込みください。 締切:2018年5月18日(金)必着 … 全文を読む/English »

2018年KCIスタディ・ルーム開室日のご案内/Information on KCI Study Room, 2018

【その他】 2018.01.10 Update

KCIスタディ・ルームでは、毎週月・水の13:00-17:00、収蔵品のデータベースを予約制・無料で公開しています。 詳細はホームページ内の「「デジタル・アーカイブス」をご覧ください。 月・水でも、年末年始、祝日の場合、お休みをいただいてお… 全文を読む/English »

「シアターユアーズ」ワークショップのお知らせ

【インフォメーション】 2014.03.14 Update

「Future Beauty 日本ファション:不連続の連続」展の関連企画を追加でお知らせします。 シアタープロダクツがプロデュースするプロジェクト「シアターユアーズ」のワークショップです。 KCIのアーカイブイメージとシアタープロダクツのパ… 全文を読む/English »

深井晃子 講演会「美術館で見るからおもしろい―ファッション」のお知らせ

【インフォメーション】 2013.04.17 Update

*本イベントは、終了しました。 2014年3月開催予定のファッションをテーマにした京都国立近代美術館との共催展 「Future Beauty in Progress」(仮称) に向けたプレイベントとして、以下の講演会を実施します。 是非、ご… 全文を読む/English »

「KCIデジタル・アーカイブス」 に新規情報を追加/Information from KCI Digital Archives

【インフォメーション】 2013.01.31 Update

KCIホームページ内「KCIデジタル・アーカイブス」では、収蔵品約200点の画像と文字データを公開。毎年約20点の情報を追加しています。18世紀の紳士服や1910年代のポール・ポワレのドレス、1980年代のトキオ・クマガイの靴など、今年も新… 全文を読む/English »

国立新美術館の「カフェアオキ」に、チーフキュレーター深井が登壇

【インフォメーション】 2012.12.07 Update

*本イベントは、終了しました。 この度、KCIチーフ・キュレーター深井晃子が、国立新美術館の「カフェアオキ」に登壇します。 「カフェアオキ」は様々な分野で活躍するゲストと国立新美術館館長・青木保氏が、美術や美術館をめぐる様々な話題をテーマに… 全文を読む/English »

深井晃子 講演会、「世界を魅了した日本のデザイン」のお知らせ

2012.08.31 Update

京都服飾文化研究財団(KCI)チーフ・キュレーターの深井晃子が、「世界を魅了した日本のデザイン」と題し、就実大学(岡山県岡山市)にて講演を行います。 奮ってご参加ください。 題名:講演会「世界を魅了した日本のデザイン―ジャポニスムの時代.… 全文を読む/English »

深井晃子講演会「装飾芸術の華-アール・デコ ファッションとファッション・プレート」のご案内

2012.04.05 Update

練馬区立美術館『鹿島茂コレクション2  バルビエ×ラブルール』展(4月8日より開催)の特別連続講演会にて、深井晃子(京都服飾文化研究財団チーフ・キュレーター)が「装飾芸術の華―アール・デコ ファッションとファッション・プレート」と題し講演い… 全文を読む/English »

シンポジウム「KIMONOの影響力」を開催します

【インフォメーション】 2011.11.02 Update

*本シンポジウムは終了しました。2011/11/28 19世紀後期、日本の開国と共に西欧に紹介された日本文化は、「ジャポニスム」と呼ばれる日本熱を呼びました。浮世絵がヴァン・ゴッホに影響を与えていたことや、ガレやティファニーによる工芸品に日… 全文を読む/English »

深井晃子講演会のお知らせ

【インフォメーション】 2011.10.17 Update

この度、KCIチーフ・キュレーターの深井晃子が、京都女子大学生活造形学科 公開講座『日本文化とデザイン』において講演をいたします。 ぜひご参加くださいませ。 タイトル:『日本文化とデザイン』 内容: 『明治期京都髙島屋の輸出染織品の制作… 全文を読む/English »

「KCIデジタル・アーカイブス」新コンテンツ追加/New Contents in "Digital Archives"

【その他】 2011.10.04 Update

ウェブ上でご覧頂いている「KCIデジタル・アーカイブス」に21点の新コンテンツを追加しました。 https://www.kci.or.jp/archives/digital_archives/ 1700-1750年代、1760年代、1770… 全文を読む/English »

講演会「建築家とファッション展:建築家・藤本壮介、『Future Beauty』展を語る」を開催しました。

【イベントリポート】 2011.08.17 Update

昨年10月から本年6月までロンドン・ミュンヘンを巡回し、ヨーロッパ初の大規模な日本ファッション展として注目を集めた『Future Beauty: 30 Years of Japanese Fashion』展。 この展示会場のデザインを担当し… 全文を読む/English »

2011年度博物館実習レポート(5日目)

【イベントリポート】 2011.08.03 Update

最終日の午前は、4日目に採用された企画案を実現するべく、KCIギャラリーを使って展示作業を行いました。マネキンの配置を決め、衣装が映えるような照明を試行錯誤することで、衣装の展示の難しさを実感してもらえたのではないかと思います。 午後からは… 全文を読む/English »

2011年度博物館実習レポート(4日目)

【イベントリポート】 2011.08.03 Update

4日目の午前中は、マネキンへの衣装の着せ付け方を学びます。 KCIスタッフによる説明の後、まずは衣装の年代設定の調査実習を行いました。 ファッション・プレートと呼ばれるイラストや絵画と照らし合わせることで、衣装がどの時代のものなのかを特定し… 全文を読む/English »

2011年度博物館実習レポート(3日目)

【イベントリポート】 2011.08.03 Update

実習も3日目に入り、次第に実践的な授業が増えてきます。 午前中は、展覧会に欠かすことのできない図録など出版物についての講義の後、外部講師をお招きし「学びの場としての美術館」というテーマでお話しいただきました。 午後最初の授業は、KCIでの収… 全文を読む/English »

2011年度博物館実習レポート(2日目)

【イベントリポート】 2011.08.03 Update

博物館実習2日目は、初日に引き続き、講義を中心としたスケジュールです。 KCIのスタッフにより、アーカイブの活用法や著作権についての概論や、展覧会の作り方の解説、衣装の保存・修復の方法について様々な例を紹介しながらの講義が行われました。 … 全文を読む/English »

2011年度博物館実習レポート(1日目)

【イベントリポート】 2011.08.02 Update

KCIでは毎年、学芸員資格取得希望者を対象に博物館実習を行っており、2011年度の実習が8月1日から始まりました。 本年度は同志社大学や立命館大学など地元京都の大学生を中心に、15名の実習生を受け入れています。 初日はKCIの活動や運営、収… 全文を読む/English »

青山、スパイラルにて「Fashion Archives by KCI」公開/Launch Fashion Archives by KCI at Spiral, Aoyama

【インフォメーション】 2011.05.06 Update

この度、KCIは、これまでスパイラル・ビル(東京・青山)にて公開していたデジタル・アーカイブスを、スパイラルと(株)ワコールの協力を得て刷新。「Fashion Archives by KCI」として新たに運用を開始しました。 約250点のK… 全文を読む/English »

Archive